2007年10月17日発行(第5号)

このメールマガジンは、アイドック株式会社へお問い合わせいただいた方、お名刺交換させて いただいた方へお届けしています。
ご採用企業さまご紹介【第2弾】(4回連載・その1)

株式会社ケイバブック
1958年創業。競馬専門紙大手。特に西日本地域では圧倒的なシェアを誇る。「競馬ブック」「週刊競馬ブック」「競馬四季報」などを発行。インターネットにもいち早く対応している。
<ホームページはこちら>


ケイバブック様は、1958年(昭和33年)創業という大変長い社歴をお持ちです。
競馬新聞、競馬雑誌で確固たる地位を築かれ、特にお膝元である西日本地域では圧倒的なシェアを誇っていらっしゃいます。
そんな「紙媒体」の雄でありながら、時代時代の最先端のニューメディアによるサービス提供に取り組まれていらっしゃいます。
インターネットで情報提供を始められて、情報提供側から見た、紙とインターネットの違いといったものから、お話を伺いました。
山田氏:違いといっても(インターネットは)始めたばっかりなので良くわからないですね(笑

雑誌とインターネットの違いと言ったら、雑誌は記事量(情報量)が多い。
それと記憶、記録に残るということを意識して作っていますね。
読み応えのある連載ものが出来るのも雑誌ならではですね。

インターネットは速さ。
それはこちらが素早く情報を掲載、提供出来るという速さでもあるけれど、検索できるという良さもある。
読者の方が、自分の欲しい情報にたどり着くのが速くなる、ということですね。
やっぱりまだ、ネットは長々と読むのには適してないですね。
そのかわり、瞬間瞬間で変わってゆく情報をリアルタイムで知るとなったら、これはネット以上のものはない。
両方の特徴を生かして、相互補完させていくのが良いんじゃないかと思っています。

読者の方は、月曜日に「週刊競馬ブック」を見て、週末のレースを検討する。
予想をたてるなかで、レースの背景や、出走馬達の持っている物語を堪能してもらいます。
一週間わくわくして、そして当日、ウエブサイト「競馬ブックweb」で、出走直前の馬の状態を見て頂く。
予想した馬が、万全な状態でいるのか?予想外の馬が絶好調だったりしないか?
発走ギリギリまでチェックして、決断を下す。
そんな使い方が良いのではないかと思いますが。

あと、雑誌とインターネットのコラボレーションといったら、今、ネットの方のアミューズメントコーナーで、各種の予想ゲームをやっています。
的中された方に勝因のコメントをいただいて、それを週刊誌の方に掲載させてもらう、という企画をやっています。
こういう風に、読者の方と簡単にコミュニケーションが取れるのもインターネットの良いところですね。
メディアをまたいでのインタラクティブといった感じでしょうか?

颯爽と駈ける名馬達。

次回予告【クレームゼロには驚いた~キーリングPDF導入】
常に最先端のメディアによる競馬情報提供を行って来たケイバブック社様。キーリングPDFの導入に到る経緯をお伺いしました。


今号から紹介するケイバブック様では、KeyringPDFの超流通プランを利用いただいています。
そこで今回はその「超流通プラン」についてご案内します。

従来のKeyringPDFの形式では、販売サイトから暗号化されたPDFコンテンツを購入・決済することで、ライセンス設定され復号・閲覧という流れとなりますが、超流通の場合は先にコンテンツを配布・流通させることができます。
CD、P2P、メール、アフェリエイトなどを利用し暗号化されたPDFコンテンツを流通させ、閲覧時(ファイルを開こうとした時)に購入・決済サイトへ誘導しライセンス設定の上復号します。

コンテンツ自体を様々な方式で流通、一人歩きさせることで販売の機会を広げていくことができる流通方式です。
コンテンツを販売するためにユーザーを特定のサイトへ誘導するには多大のコストがかかります。

コンテンツを「ばらまく」ことができるのがKeyringPDFの超流通プランです。

ではなぜこのようなメリットがある「超流通」が普及しなかったのか?。それは次号でお伝えしたいと思います。




Copyright(C)2007 iDOC K.K. All Rights Reserved