このメールマガジンは、アイドック株式会社へお問い合わせいただいた方、お名刺交換させていただいた方へお届けしています。
ロカリサーチ株式会社
Keyringご採用企業さまご紹介 【第6弾】 (3回連載・その3)
ロカリサーチ株式会社
小さいながら、バイラルマーケティングの世界では大変注目されているベンチャー企業です。リッチなFLASH広告素材を企業から預かり、インフルエンサーと呼ばれる有力なブロガーへ配信して口コミで広めていくというこれまでに無かったビジネスを立ち上げて成功しています。
■ロカリサーチ株式会社   

「憧れのボルドーへ もっと知ると、ワインはもっと美味しい!第3回 「リッチ広告とDRMの関係」

今回ロカリサーチは朝日新聞社のAERA TRAVELLERというムック、「憧れのボルドーへ もっと知ると、ワインはもっと美味しい!」の発売に併せてバイラルキャンペーンを行っています。KeyringSWFによって保護された、電子雑誌形式のコンテンツを有力なブロガーを通して配信するというものです。出版物のキャンペーンの手法としても大変ユニークで興味あるものです。その、仕掛け人がロカリサーチの代表取締役CMOの伊藤さんです。

Q 今回、朝日新聞社のムックのキャンペーンを行いましたが・・

伊藤さん) 朝日新聞社がフランスのボルドーワインのムックを出版される時に、そのキャンペーンをバイラルにやってみたいというお話がありました。これまでLOKAリサーチは主に動画広告をやってきたのですが、アイドックさんのKeyringSWFを使って電子雑誌の形でコンテンツ化することができることを知り、受注することができました。
  動画とは違った意味で、電子雑誌やグラビアなどの静止画系のコンテンツはすごく面白いと思います。また、企業にとってみると、エンタメ性のある動画広告を作るのは非常にお金のかかることなのですが、既存の素材を使った静止画系のコンテンツはその制作費を非常に低く抑えることができます。バイラルキャンペーンの費用対効果を考えた時、とても有効だと思います。

バイラルキャンペーンの費用対効果を考えた時、とても有効
Q 今後の夢をお聞かせください。

伊藤さん) 今やっているバイラル広告をもっと広めていきたいと思っています。世間から注目されているのですが、まだまだマイナーな手法です。どちらかというと外資系の企業が積極的に考えてくれているのですが、日本の大手企業にはまだ深く理解されていません。反対に、インターネットやブログといったものを使うことに恐れがあるようです。確かにバイラル広告というのはコントロールできない部分があります。一度コンテンツを配信した後、どのように評価され、どのようにブログで書かれるかはコントロールできません。意図したとは逆の効果をもたらすこともありえます。
  ただ、従来の手法の限界が見えている今、ネガティブな面ばかりを恐れていたのではいけないと思っています。

ロカリサーチ業務領域

 
伊藤氏 + なるい

次回予告:ご採用企業様ご紹介/株式会社ファンタジスタ
【第1回】「マンガ専門SNS マンガ読もっ!を運営している新潟のベンチャーの雄の栗原弘樹社長に マンガSNSにかける夢を語っていただきます。
CLMから生まれる新しいビジネス

宣伝会議のSIMCフォーラムでの講演の内容

 大きく伸びつつあるバイラルマーケティングの世界ではより面白い広告コンテンツが必要とされています。その際、タレントの肖像権、映像や音楽などの著作権などの保護が必須になります。FLASHコンテンツではこういった権利関係を保護できないというこれまでの常識を打ち破るのがKeyringSWFです。

 ダウンロード型にせよストリーミング型にせよ、現行の配信方式では、データの二次利用が避けられません。しかしコンテンツを暗号化して配信すれば、違法コピーや意図しない二次利用を防ぐことができます。さらに常にコンテンツが紐つけられていKeyringSWFならば広告の効果測定に応用することができます。

 講演では朝日新聞出版社の新刊書籍の一部をFLASHコンテンツとして公開し、プロモーションを図ったロカリサーチ社との事例が紹介されました。ロカリサーチ社代表の伊藤直也氏は、今後KeyringSWFによって広告コンテンツの著作権保護がリッチコンテンツによるバイラルマーケティングの発展の大きな武器になると述べられ、以前、ゲームのキャンペーンで配信したビデオが動画投稿サイトに投稿されキャンペーンの趣旨とは違うコメントが多くつけられてしまった例が紹介されました。

宣伝会議写真
低料金でDRMをお考えなら
KeyringPDF 安全にPDFを配信できるので、著作権を侵害されることなく、さまざまなコンテンツを公開することができます。

閲覧の回数や期間はもちろん、
印刷の許可や部数もコントロールすることができます。 keyringFlash Flashだからコピーされても仕方がない…とあきらめていた方、そんなことはありません。Flashコンテンツも強固にガードします
コンテンツのアドレスを隠したり、ユーザーのP C にコピーが残らないようにしたりするのとは異なり、
コンテンツ自体を暗号化するので、違法コピーや二次利用を防ぐことができます。
キーリング.ネット アイドック株式会社

★ このメールマガジンへのご意見ご要望、キーリングシリーズに関するお問い合わせは こちら をご利用ください。
★ KEYRING.NET通信メールマガジンの購読ご希望の方は こちら よりお手続きをお願いします。
★ KEYRING.NET通信メールマガジンのバックナンバーは こちら で閲覧いただけます。
★ メール配信の停止、配信先の変更は こちら よりお手続きをお願いします。


Copyright(C)2008 iDOC K.K. All Rights Reserved